相模原で家を建てるなら!おすすめ工務店ランキング

Home > 工務店の豆知識 > 注文住宅と建売住宅どちらがお得?

注文住宅と建売住宅どちらがお得?

 そろそろ家を購入しようと考えている人にとってまず考えなければいけないのは自分がどのような家に住むかという事ですよね。真っ先に出てくる選択肢としては、一戸建てにするかマンションにするかという選択肢があります。一戸建て、マンションともにメリットトデメリットが存在するので、双方の特徴をよく理解して自分たちのライフスタイルによりマッチした方を選択するのがベストです。そして一戸建てを選択した場合、まずは中古住宅にするか新築住宅にするかという選択肢があります。特にこだわりが無ければ中古住宅にも良い物件があるので両方検討してほしいところですが、もし誰も住んでいない家に住みたいというこだわりがあるのならば新築住宅を選ぶことになります。そして新築住宅には建売住宅と注文住宅の2種類があります。

 ここでもどちらにするかを選ぶ際には注文住宅と建売住宅それぞれの違いをよく理解して、より自分たちの希望に合った方を選択するのが最善の方法です。では、それぞれの特徴を見ていくことにしましょう。まずは建売住宅からですが、そもそも建売住宅とはどのような家の事を指すのでしょうか。建売住宅というのはその名前の通り、ハウスメーカーが独自に設計した設計図のもとにあらかじめ建築のための計画が立てられている住宅の事です。建売住宅とは言っても実際に建築されてから販売されることは少なく、ほとんどが建築中の状態で販売されます。建売住宅のメリットとしてh購入までの手続きが簡単だという事が挙げられます。土地と住宅が一緒になっているので、購入の際の手続きもマンションや中古住宅と同様に一回で済みます。

 次に注文住宅についてみていくことにしましょう。まず、注文住宅とはどのような住宅かというと、あらかじめ設計図が決まっているのではなく、購入者の希望を聞いて、その希望に沿った家の設計図を設計士て建築する住宅です。ですから基本的にほかに同じような家が建築されることはなく、文字通り自分だけの城を持つことが出来ます。通門住宅の最大のメリットがこの自由度が高いという点です。家の外壁から部屋の壁紙、設備や間取りまで自由に設計が可能です。もちろん奏法にもメリットだけではなくデメリットもあります。建売住宅だと隣と同じような家になったり、自由度が低いというデメリットがありますし、注文住宅だと建築までの時間は建売住宅とは比べ物にならないほど長くなります。コスト面で見れば基本的には建売住宅に軍配が上がりますが、注文住宅は自由度が高いので上手く設計すればコストを抑える方法はたくさんあります。どちらが得化はその人の考えた居る済みたい家にどちらがより近いかによって決まるでしょう。

次の記事へ